中国春節休業のお知らせ◆ 1/27(金)~2/1(水)は休業の為、 発送及びお問い合わせ業務お休みとなっております。 1/24(火)の15時以降にご入金いただいた商品に関しましては、 2/4(土)以降の発送となります。 ご不便をおかけしますが、ご了承くださいませ。

精力剤ラソキソグkanpoudonya.com

Tel  :


Email:

ログイン

メンバーID:

パスワード:

パスワードをお忘れですか?

毎日の推薦TOP1
淫インモラル媚薬
淫インモラル媚薬
規格:5ml×4瓶(8回分)/箱
販売価格:¥ 4200円 (税込)
淫インモラル,インモラル,リキッド媚薬,淫インモラル 販売,インモラル 販売,媚薬 淫イン モラル,...
現在の位置: ホーム > 健康情報 > 健康相談 > 海外旅行で起こりやすい体調不良

海外旅行で起こりやすい体調不良

2008-05-05

●旅行前には体調をととのえておく
 海外旅行の際に注意したいのは、感染症だけではありません。疲れやストレス、水質や食物の違いなどから体調をくずす人も少なくありません。海外旅行者に多くみられる症状と、その対処法をあげておきましょう。

(1)旅行者下痢症

●旅行者の半数以上にみられる症状
 海外旅行者の半数以上は、旅先に到着して5日以内に下痢をするといわれています。発展途上国に限ると、7~8割にも達するようです。原因は、①旅行の準備などの疲労による体調の低下、②旅行先の不安やストレスなど精神的・心理的な胃腸障害、③不慣れな飲食物による一過性の胃腸障害、④ウイルス、細菌、寄生虫などによる病的症状の一つ、などが考えられます。
 予防法は、体調不良やストレスなどによってからだの抵抗力が低下しないように努めることです。睡眠を十分にとり、暴飲・暴食を避けるなど、規則正しい生活を送るように配慮してください。

(2)航空性中耳炎

●気圧の変化で起こる耳の痛み
 飛行機に乗ると、耳がつまるような感じや痛みをおぼえることがあります。これを「航空性中耳炎」といいます。中耳(鼓膜の内側)の中の空気の圧力と、外部の気圧とのバランスがくずれるために起こります。上昇時より、外部の気圧のほうが高くなる下降時にひどくなります。
 水を飲む、首を左右に動かす、ガムを噛む、あくびをする、アメをなめる、などの方法で治ります。
 それでも治らない場合や、激しい痛み、耳鳴りなどがある場合は「耳抜き(バルサルバ法)」を行います。最初に鼻をかみ、次に空気を吸い込んで鼻をつまみます。そのまま口を閉じて吸い込んだ空気を耳へ送り込み、耳から抜ける感じがするまで7~8回繰り返します。あまり強く行うと鼓膜を傷つけるので逆効果です。
 地上に降りても耳の痛みが続いている場合には、医療機関を受診するようにしましょう。
 また眠っていると唾液の飲み込みが少なくなり、起こりやすくなるようです。症状が重くなりやすい着陸時には必ず起きているようにします。疲労時、寝不足のときなどは、とくに注意しましょう。
(3)時差ぼけ

●体内リズムの乱れによって起こる

 海外旅行をすると、旅先で、あるいは帰国後に不眠や眠気、疲労感、食欲不振、イライラなどが起こることがあります。いわゆる「時差ぼけ」です。
 人間の体内の器官は規則正しいリズム(体内時計)で動いています。このリズムが、時差によって乱されることで起こるものです。
 通常4~5時間以上の時差で症状が出始めます。体内のリズムは1日の周期が長くなるほうが順応しやすいので、ヨーロッパなど西へ向かうほうが、アメリカやハワイなど東へ向かう場合より、症状は軽いようです。
 時差ぼけを防ぐために、機内では目的地の時間に合わせて睡眠をとるようにします。朝到着して、睡魔に襲われたときにも仮眠は3時間程度で我慢しましょう。そして屋外で日光をたっぷり浴び体内時計を調節します(光療法)。体操や音楽、ぬるめの入浴など自分なりのリラックス方法を見つけておくことも大切です。


すこやかな旅行を楽しむための予防策

(1)予防接種

●有効な予防接種を受けよう
 渡航先により、それぞれの国の法律で決められている予防接種や、一般的な予防手段のひとつとしてすすめられている予防接種を受けておきましょう。
 接種を受ける際には、目的地、渡航目的、全般的な健康状態、最近の免疫状態、旅行の期間とタイプ、渡航するまでの時間的余裕などを考慮します。 また、妊婦や乳幼児などは、必ず医師に相談して決めることが大切です。

(2)検疫所を有効に利用

●空港の「健康相談コーナー」を利用  全国の各空港には、検疫所などが運営する健康相談の施設があり、渡航者に感染予防を呼びかけています。
 成田空港検疫所の「健康相談コーナー」では、旅行者の健康相談に応じたり、渡航先の感染症流行状況などをリアルタイムに提供しています。また、空港内30か所以上でエイズ予防ビデオの放映を行っております。積極的に利用するようにしましょう。

●旅行中・帰国時の不調はきちんと申告する
 全国の海・空港の検疫所は、明治期のコレラの予防から始まり、検疫伝染病や、その他の伝染病を水際で防いできました。
 旅行中や帰国の際に、発熱・下痢などで体調がすぐれない場合は、気軽に検疫所で相談しましょう。
 検疫所では、質問票などによって早期発見を心がけています。必要に応じて、問診、検便検査などを実施するほか、専門の医療機関の紹介も行っています。

(3)旅行者自身の注意

●必要に応じて医療品を携帯する
 旅行には、簡単に使用できる消毒薬や手当て用品を携帯すると、いつでも役に立ちます。地域によっては、日焼け止めクリームや蚊の駆除剤、なども必需品になります。また、抗生物質や下痢止めなどの医薬品については、かかりつけの医師などに相談してください。
●帰国後の異常は早めに対処
 旅行中、または帰国時に不調がある場合は、検疫所を利用できます。しかし、感染症の潜伏期間内に入国してしまう場合も少なくありません。さらには、新しい感染症の流行も危惧されています。
 帰国後に下痢や嘔吐、発進などの症状が出た場合には、早めに渡航歴を含めて医師に相談する必要があります。また、外国に長く滞在していた人、慢性の病気をもっている人も、帰国後、一度は受診したほうがよいでしょう。
 病気によっては、すぐに発病しないものもあります。とくにマラリアは、流行地域を離れて数か月、時には数年後に発病することがあります。結核などにも注意しましょう。

おわりに

 国際化のなかで、今後も多くの人が世界各地への旅に出かけることでしょう。
 人の流出入にともない、海外から感染症が国内へ入りこんでくる危険も増えています。検疫伝染病にとどまらず、種々の「輸入感染症」に対応せざるをえない時代を迎えつつあります。
 「自分の身は自分で守る」「海外で病気にかからない、持ち込まない」を旨とし、“すこやかな旅行”の実現に努めましょう。

推薦製品
強效痩カプセル 強效痩カプセル 強效痩カプセルは高く、珍しいものなどを主原料として精製したダ... 4672円 3700円 割引率: 21% OFF

簡約痩身美体カプセル 簡約痩身美体カプセル 簡約痩身美体カプセルは、珍しいものを主成分に、低温抽出した緑... 4193円 3300円 割引率: 21% OFF